みなさん子供の頃こんなゲームがあったらな〜って思ったことありませんでしたか??

僕はあります。

子供の頃、ファイナルファンタジーX(以下:FFX)というゲームに強い衝撃がありました。
PS2になって映像がとてもキレイでおまけにムービー中にキャラがしゃべってくれる。
当時の僕の中では革新的でした。

ただ同時にFFXにはクリアしてから少し不満も残りました。
一本道ゲーだしキャラにもっとしゃべってほしい、そしてもう少し寄り道要素ややり込み要素があったらな〜と思っていました。
(もちろん七曜の武器のコンプ、すべてを超えし者も撃破しています)

あれから約14年…

理想のゲームは僕の前に突如として現れ、僕はそのゲームを絶賛プレイ中です。
それがコチラ


発売から3ヶ月ほど経ってまだ未クリアなのですが、自信を持って言えます。

このゲームは僕が子供の頃から待ち望んだゲームだと。

ウィッチャー3ワイルドハント

ウィッチャー3は原作の小説を元にストーリーが作られています。

プレイしていてもまるで本のページを読み進めていくかのようにストーリーが進行していくのだ。
世界史でいうと中世ヨーロッパあたりをモチーフにしていて、この時代はもちろん食べ物なんかもロクにない時代で、村の人を見てみると貧しい人が多い。

そして村を出て少し離れるとモンスターも多いけど、それ以上に盗賊なんかも多い。
しまいには道で困っている人がいて、その人を助けてあげようとクエストを進めてみると実は他の人たちには悪いことをしてしまっている行動だったり。


賄賂を渡されこのことは黙っていてくれないかと言われてたり。
良くも悪くもこのゲーム”人間の本質”をとてもうまく表現しているゲームなのだ。

イメージを超えるキャラクター

僕は読書も好きで小説なんかもよく読むのですが、僕の中の小説の面白さって物語のや登場人物や情景をイメージしたり想像しながら読み進めていくことなんです。

それで、よく小説にある”おぞましい姿の〜が”なんてフレーズあると思うのですが、このゲームの”おぞましい姿”というのは僕の想像を簡単に超えてくるんです。
その画像がコチラ。


どうです??上の画像は人間が呪いによって姿を変えられた姿なのですが、今までのゲームでこんな”おぞましい姿”を表現してきたゲーム他にありましたか??

このゲームは面食らうことの連続です。

スポンサーリンク





社会人にとっては終わりが見えないゲーム

 
そして各地にある無数のサイドクエストをこなしていくことによりウィッチャー3の世界観や出来事をより深く知れるようになるといった具合だ。
ウィチャー3 マップ

ちなみにこのマップ上にあるはてなマークすべてがサイドクエストなんです。
膨大なんです。
そしてサイドクエストでの選択がメインストーリーに影響を及ぼすのがおもしろい。
メインのエンディングは3種類あり、プレイヤーの行動がウィッチャー3の世界にどのような影響を与えたかによってエンディングが変化するみたいなので、未クリアの僕としては楽しみでいっぱいです。

それではまたゲームに戻ります。
みなさま良いゲームライフを。