今回の記事はpcの机に関して。
PCデスクって意外と広いのってなくないですか??

市販の机も大きいので横幅120cmx奥行き60cmx高さ70cmがほとんどなんですよね。
モニターが27インチなので机の奥行きが広いやつが欲しかったのですが市販のだとなかなかないんですよ。

さらに机の天板を天然木の一枚板でなんてこだわり出すと結構いいお値段がするんですよ。

PCを自作するくらいなんだから机も自作しろよなんて声が聞こえてきそうなのですけど、横幅150cmx奥行き75cmx高さ75cm(僕の欲しいサイズ)これを天板から足まで木で作ろうとすると軽く4万円くらいのお値段が…

さすがに今そんなお金をポンと出せなかったので、他にお安い机がないかな〜って思っていたら。
ありました。

それがこちら
tukue

横幅120cmx奥行き75cmx高さ70cmの机です。
ありました。奥行き60cm越え。

なかなか60cm超えるものがないので、危うくPCデスクじゃなくダイニングテーブルを買うところでしたよ(笑)
お値段も1万円をきっているのですが、その訳は天板がMDF板で中国産だからです。

でも、中国産だからといって侮ってはいけませんよ。
何もモニターやPCを置いてもグラつかなかったので等分布耐荷重30kgを守れば問題ないでしょう。
机としては十分に機能をはたしています。

ちなみにMDFとは

木材チップを蒸煮・解繊したものに接着剤となる合成樹脂を加え板状に熱圧成型したものである。同じ木材チップ材を原料とするパーティクルボードや配向性ストランドボード(OSB)に比べて構成要素(セグメント)が小さく、表面だけでなく木口部分も平滑である。
木材の様に軽量で高い加工性を持ち、かつ、木材特有の反りや乾燥割れなどの癖が少なく、均質で極めて安価である。Wikipediaより

要するに木の繊維を接着剤で圧着した板ということですね。

天然木とは違うので表面の処理も当然違います。
MDFhyoumen

そしてグラつかない訳とが天板の裏にありまして

http://gamingjisakupc.com/wp-content/uploads/2015/08/tenbanura.jpg
このように四辺をスチールフレームでガッチリ固定されてます。

余談ですが、机を組み立てる際、この机の様に足をネジで固定するタイプのものは四隅を対角線上に少しずつ締めていくと天板に均等に力が加わるのでグラつきにくくなりますよ。

tukuekanagu
固定部です。

四隅がこれだけガッチリ固定されていれば大切なモニターからPC本体、そして音響機器を上に置いておいても大丈夫でしょう。

tukue_ashi
机の脚部です。黒い部分はプラスチックなので床を傷つける心配はなさそうです。

ここまではベタ褒めだったけど、この机も不満点があります。

ここまでは一万円以下の机としては合格点なのですが、当然この机にも不満点もあります。
まずはこの画像をご覧ください。

tukue_takasa
tukue_takasa_2

机の高さなのですがカタログでは72cmなのですが、この机が70cmなのは机の脚の黒い部分のネジをすべて締め込んでいるから。
たぶんネジを緩めて出してあげれば、気持ち高さが出るでしょう。
問題はそこじゃないんです
問題は天板の下にあるスチールフレームです

僕は肘掛けつきのイスに座ってキーボードで操作するゲームは天板の下に肘掛けを潜り込ませておきたいのですが、自分のイスの高さだと肘掛けがスチールフレームに当たって天板下に潜り込ませることが出来ないんですよ。
suti-rufreimu_ataru
僕と似たようなクセのある方はご注意ください。

あとはこれ。

MDF_hagare

MDFって割れやすいんですよね。宿命です。

MDFhyoumen2
表面が浮きやすいのも宿命ですね。

スポンサーリンク





モニター・スピーカー・ゲーミングデバイスを設置例

settirei

どうでしょう?見栄えはなかなか良いのではないでしょうか?

settirei2
正面からです。
横幅、奥行き共に余裕があっていいかんじです。

今日の記事は以上です。いかがでしたでしょうか?
僕にとっては机の高さが気になるところですが、しばらく使って解決案を模索していきたいと思います。
良い案が思いついたら、ブログに書きたいと思います。

それではまたのお越しをお待ちしております。
ありがとうございました。
よいゲームライフを。