2013年の8月くらいになりますがDELLのU2713Hを購入しました。

当時はまだWQHD(2560×1440)が出たてで、他の商品も種類が少なかったでした。他に流行っていたモニターと言えば、ウルトラワイドHD(2560×1080)なんかがありました。

その時の購入のレビューを書いていきます。

購入目的はFF14を綺麗な画質でプレイするため

まだ、新生FF14がオープンβの頃、僕はFF14を旧FF14と言われる時代からやっていて、旧14の頃から今も同じLSメンバー(ギルドメンバー)と遊んでいます。

そんなオーブンβの頃、LSメンバーの一人が新生FF14に向けて新しくモニターを購入したと言い出しました。彼が購入したのは同じDELLの商品のU2913WMという商品で29インチのウルトラワイドHDと言われる横長のモニターです。

その存在感ときたら当時はまるで映画館のような迫力でFF14をプレイするには持ってこいといった商品です。正直、当時の僕はうらやましかったです。

それをきっかけに、僕も新しいモニターが欲しくなり、当時、販売されているモニターを全てチェックしました。

当時の僕の求めていたモニターはFF14を綺麗な画質でプレイしたかったので、なるべく高解像度の物であるというのと、正確に色味を表現してくれるモニターを探してました。

ちなみにこの時、すでに僕の中にリフレッシュレート120Hz以上を表示できるゲーミングモニターはすでに候補から外れてました。
理由はMMORPGのジャンルのゲームで倍速モニターの恩恵ってあまり魅力に感じなかったことと、当時のゲーミングモニターのほとんどがTN方式を採用していたため、僕はできる限り色味にこだわりたかったからです。

長時間プレイしていてもあまり目が疲れないispパネル

そんな中で購入の候補に上がってきたのがU2713Hでした。もちろん他にも日本のモニターメーカーでカラーの表現がとても豊かで定評のあるEIZOさんのモニターもとても魅力的でした。

僕がこの時、U2713Hを含め候補に挙げていたモニターはすべてISP方式のモニターでした。というのも、ISPパネルは輝度があまりキツくないので目に優しくあまり目が疲れないという考えがあったからです。
MMORPGに限らずオンラインゲームってスタートダッシュも大事なんですけど、どれだけ長い時間プレイすることができるか??ってことも当時の僕の中では大事だったんですよね〜;;

スポンサーリンク





最後の決めてはdellのドット抜けサポート

そんなこんなで色々なサイト様なんかをチェックしながら、結局U2713Hを購入したわけですが、最後の決め手になったのがDELLの独自のプレミアムパネル保証でした。

この保証は、液晶モニタのドットに欠陥があって一つでも光らない物があると無償で交換してくれるという保証です。いわゆるドット抜けというものなのですが、作ってるメーカーでもどうしても防ぐことができないもので一般的には保証の対象がいないことが殆どですが、なんとDELLはそれを保証してくれると言うじゃありませんか!!

そりゃ、キレイな画面でプレイしたい!!というのが第一条件だったので僕はこれがキッカケでポチることを決意しました。

今回の記事は以上です!いかがでしたでしょうか??

ゲーム目的で使用するからといって必ずしもゲーミングモニターを選ばなきゃいけないとかじゃなく、やりたいゲームにあった製品を選ぶための考え方として皆さんの参考になれば幸いです。
またのお越しをお待ちしております!!
ありがとうございました!!