前回の記事の続きです。

前回の記事で物理的な増設は完了しました。

ですが、それだけではあなたのパソコンは増設したSSDを認識してくれません。

増設したハズのSSDが表示されていない

最後にフォーマットという増設したSSDをパソコンに認識させる作業があります。ちなみに普段の生活で「フォーマット」なんて言葉聞きなれないと思います。

調べて見ると…

フォーマットとは、形式、書式、様式、体裁、型、構成などの意味を持つ英単語。コンピュータの分野では、記憶装置内部の区画分け、データやファイルの記録形式、文書などを構成する要素の書式などの意味で用いられる。

IT用語辞典ーフォーマットー

まぁカンタンに言うと、パソコンの中でデータの記述方法をしっかり決めましょう!ということですね。
これが決められていないから認識されていないというワケです。

前回の記事で増設したCFDのPCIe GEN4の規格に対応したM.2 SSDを例に、フォーマットのやり方をこれでもかってくらい細かく書いていきます。

SATA接続のSSDやハードディスクでもやり方は同じなので安心してください。

この記事を見ながら作業すれば出来ますので、一緒にやっていきましょう!!

フォーマットを行う前の確認

まずフォーマットを行う前に前回行ったSSDの増設作業がしっかり行われたかを確認します。

画面の左下に検索バーがあるので「デバイスマネージャー」と入力しキーボードの「Enter」キーを押します。

Windows10の画面左下の検索バー

デバイスマネージャーの項目にディスクドライブというのがあるので、それを左クリックすると接続されているストレージの一覧がでます。

Windows10のデバイスマネージャー画面

その中に増設したSSDの名前が表示されていれば前回までの作業はとどこおりなくできております。

僕の場合ですと増設したSSDが、CFD販売のM2B1TPG3VNFという型番のSSDですので、しっかり接続されています。

もしここで表示されていなければ、SSDが正しく取り付けられていない可能性が考えられます。

SATA接続の場合ですと、SATAケーブルと電源ケーブルがきちんと接続されて確認してみてください。

M.2 SSDの場合も考えにくいですが、しっかりマザーボードに接続されているか確認してみてください。

もし増設したパソコンがBTOやノートパソコンといったメーカー製のパソコンの場合、内部信号がマザーボード側で対応している企画とSSD側の規格が異なっているため認識しないという例もあるみたいなので、該当する方は確認してみてください。

[新品]フォーマットをしていないSSD・HDDのフォーマットの手順

確認がすんだらいよいよフォーマット作業にとりかかります。

画面の左下のWindowsのロゴを右クリックしてメニューの中から「ディスクの管理」をクリックします。

Windowsマークを右クリックして「ディスクの管理」をクリック

するとフォーマットがされていないSSDなら「ディスクの管理」と「ディスクの初期化」というウィンドウが出てきます。 (画像でディスク3になっているのは僕がHDDも含め3個目の増設だからです。)

MBRかGPTを選択する

赤枠で囲った箇所で、選択したディスクに次のパーティションスタイルを使用する。と以下の選択肢が出ます。

  • MBR(マスターブートレコード)
  • GPT(ガイドパーティションテーブル)

以前なら、迷ったらMBRを選んでいてもよかったのですが、最近ではストレージのデータ容量の大きさなどから、目的によってどちらを選ぶかが変わります。

主な特徴をカンタンにまとめました。
64ビット版のWindows10のパソコンを使っていて、もし「何を言っているのか分からない」という方は、2TBまでのSSDを使うならMBRを選択。
2TB以上のSSDを使うならGPTを選択でよいと思います。
(僕はGPTを選択しています)

MBRの特徴
  • 古くから使われていて、現在でも使用されている方式
  • ディスクの最大容量は2TBまでしか使用できない。
  • パーティションは4つまで分けられる
  • WindowsXP以前のOSでもインストールできる。
  • どのマザーボードでもWindowsを起動できる。
GPTの特徴
  • 比較的、新しい方式で近年普及している。
  • ディスクの最大容量は2TB以上でも使用できる。
  • パーティションは128個まで分けられる
  • セキュリティ面で信頼制が高い。
  • マザーボードがUEFIブートをサポートしていない場合はWindowsを起動できない。(MBRを選択する必要があります)
  • Windows32ビット版はインストールできない。(MBRを選択する必要があります)
注意

クローンソフトなどを使って、AのSSDからBのSSDへデータを丸ごとコピーする場合は、このパーティションスタイルが同じ形式でないと上手くいかないことがあるので注意してください。
(普通にパソコン画面上で、ドラッグ&ドロップなどでデータの移動をしたりするのは問題なくできます)

MBRとGPTの違いをもっと詳しく知りたいという方は、コチラのサイトが参考になります。
参考:MBR と GPTの違い、相互変換及び初期化方法‐どっちがよい

MBRかGPTかを選択して「OK」をクリックすると、「ディスクの管理」の画面の中でSSDはオンラインになり「見割り当て」と表示されます。

この「見割り当て」の部分を右クリックするとメニューの中に「新しいシンプルボリューム」があるのでクリックします。

フォーマットするディスクを右クリックして「新しいシンプルボリューム」をクリックする

すると「新しいシンプルボリュームウィザード」というのが起動するので「次へ」をクリックします。

新しいシンプルウィザードの開始が表示されたら次へをクリック

「シンプルボリュームサイズ」が最大ディスク領域と同じ値になっていることを確認して「次へ」をクリックします。

最大ディスク容量の確認

「次のドライブ文字を割り当てる」を確認して「次へ」をクリックします。

右にあるアルファベットはエクスプローラーで割り当てられるドライブのアルファベットです。
通常WindowsがインストールされているC:ドライブ以降ボリューム(D:)・ボリューム(E:)といった具合アルファベット純に割り当てられます。

気にしない方は変更する必要はありませんが、「このSSDには、このアルファベットを割り当てたい!」といったこだわりがある人は、ここで変更してください。(後で変更可能です)

割り当てるドライブ文字を確認

最後の確認画面です。

このボリュームを次の設定でフォーマットするにチェックがあることを確認して「次へ」をクリックします。

フォーマットの最終確認
下記にそれぞれの項目についてカンタンに書きましたが、通常は画像のとおりになっていればOKです。

通常の場合、ファイルシステムは「NTFS」・アロケーションユニットサイズは「規定値」を選択します。
ボリュームラベルはエクスプローラーなどから表示されるボリュームの表示名のことです。とくにこだわりがなければ、「ボリューム」のままにします。

クイックフォーマットにはチェックを入れます。
チェックを外せば、ディスクのディスク全域をベリファイして不良セクタなどの代替もしてくれるので、データを記録時に書き込みエラーを起こす可能性を低くすることができます。

ですが、この後のフォーマットしている時間が数時間単位でとても長くなります。
さらにパソコンがSSDに読み込みと書き出しの全サイクルを実行してしまうため、SSDの場合だと寿命が短くしてしまう恐れがありあます。

なので僕は今までに 「クイックフォーマット」 にチェックを入れても、書き込みエラーを経験したこともなかったので「クイックフォーマット」にチェックを入れています。

「ファイルとフォルダの圧縮を有効にする」はチェックを外します。
有効にすると圧縮するため、通常よりも大きな容量を使用できますが、圧縮作業が入るため、パフォーマンス面ではチェックを外している時に比べて劣ります。

一部のアプリケーションでは、この設定が推奨されていないこともあるので、チェックを入れないことをオススメします。

「新しいシンプルボリュームウィザードの完了」と出ればフォーマット作業は終わりです。
下の「完了」をクリックします。

フォーマットの完了。

「ディスクの管理」を確認してみると「見割り当て」だったディスクがオンラインで正常になっていますね。

これでSSDは認識されて使えるようになりました。

フォーマットが出来ていることを確認

使用したことのあるSSD・HDDをフォーマットする手順

使用しているSSDの中のデータを全て消したい!
という時もフォーマットすることで、全データを削除することができます。

注意

SSD・HDDのデータをすべて削除してしまうので、OSのデータもすべて消してしまいます。

フォーマットして削除してしまったデータはパソコンのゴミ箱に入れて削除してしまったデータと違って復旧が困難なのでフォーマットで削除する場合は注意してください。

重要なデータなど残しておきたいデータがある場合は、あらかじめ別のSSDやHDDにデータをバックアップ(保存)してください。

まず画面左下のWindowsマークを右クリックして「ディスクの管理」をクリックします。

Windowsマークを右クリックして「ディスク管理」をクリック

「ディスク管理」を開いたら、ボリュームの一覧からフォーマットしたいSSDを選択して右クリックをします。

メニューが表示されますので、中にある「フォーマット」を選択します。

フォーマットしたいストレージを選択して右クリックしてから「フォーマット」を選択する

そしたら新品のSSDをフォーマットしたときと同じように、ボリュームラベル・ファイルシステム・アロケーションユニットサイズが問題ないことを確認て、クイックフォーマットにチェックが入っていることを確認したら「OK」をクリックします。

フォーマットの最終確認

データが失われるので注意してねという確認が入ります。
大丈夫なら「ok」をクリックします。

フォーマットの最終確認

するとフォーマットが開始されます。
完了したらフォーマットしたSSDが正常と表示されていることを確認して作業は終了です。

お疲れさまでした!!

フォーマットが出来ていることを確認

この記事でフォーマットに使ったSSDのご紹介

この記事でフォーマットしたSSDはPCIe GEN4規格に対応したCFD販売のM.2 SSDになります。

僕がおすすめしているSSDで、前の世代のSSDに比べて値段も手頃で、ヒートシンクが標準搭載のマザーボードにも気兼ねなく取り付けることができます。

CFD販売 内蔵SSD M.2 2280 NVMe PCI-E Gen.4 x 4(NVMe 1.3) PG3VNFシリーズ 1TB CSSD-M2B1TPG3VNF
シー・エフ・デー販売 (2019-07-05)
売り上げランキング: 1,438


【PR】データ移行にはEaseUSのデータ移行ソフトがオススメです

新しくパソコンを組み立てたり、SSDを増設された方の中には、今まで使っていたパソコンからデータを移行する必要がある方もいらっしゃるかと思います。

データ移行と聞いて

読者

画像のようなJPGデータの移行でしょ??カンタンじゃん♪

と思われている方は、ご想像のとおりエクスプローラでファイルを移動すれば大丈夫です。

では、ゲームなどのプログラムファイルを移動するときはどうでしょうか??

この場合コマンドプロンプトを使用する必要があったりと、難易度が急に上がります。

古いパソコンと新しいパソコンとのデータ移行はどうでしょうか??

新しいパソコンにネットから新しくアプリをひとつずつインストールしなおして、クラウドや外付けHDDを使ってファイルデータを移動する方法もありますが、けっこう手前と時間がかかってしまいます。

クラウドにしろ外付けHDDにしろ容量を確保する必要があったり、往復する必要があったりと大変です

こういった作業を手っ取り早くカンタンに済ませたい方にオススメしたいのが、Todo PCTransというデータ移行ソフトです。

使い方はカンタンでTodo PCTransをインストールした2台のパソコンをLANケーブルでつないでアプリを操作するだけです。

詳しい操作方法はEaseUSの公式サイトで詳しく解説されています。

無料版もありますので興味のある方は、ぜひ試してみてください。

Todo PCTrans商品紹介ページ
Todo PCTrans使い方